網上演技





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

最駆 :: 2012/08/15(Wed)

もう結構時間がたってしまったが
TW2にてラストバトルが行われて
一応一番の敵との戦いにはケリがついた。

ただ、最後の戦いならではの感傷とかは……特に無かったかな
むしろ生と死の境界線の戦いのほうが感慨深かったというか、
まぁ直接因縁の無いぽっ出の敵との戦いなんてこんな物である
苦戦した印象もあまり無かったわけだし。

強いて言えば印象に残ったのは
最後の新世界に移住する選択肢
後腐れなくキャラを「終わり」にするには最適の選択肢だったといえる
無限の時にはあれの代わりにというか
重傷じゃなくても即死する選択肢があって
ポンポンキャラが放り込まれてるのを見て
ああ、あの人もあの人も、所詮この程度の使い捨てのキャラだったんだなぁと
長年一緒に冒険してたり会話してたりしてた人が放り込まれてるのを見て
げんなりした気分になったものだったけれど、
新世界を作りに行くというなら夢があって良い。
自分も思わず一人旅立たせてしまった。

一応キャラ捨て場以外にももう一つ意味があったようで
その結果は近いうちに出てくるだろう
ある意味、無限のインフィニティマインドも兼ねていたのかも知れない
もう記憶が定かではないけれど、
あれもあれで希望者集百名を一つの隔離旅団に放り込んで
延々雑談させて最後にちょっとリアシナか何かやっただけで結構酷い物だった印象がある。
あ、こうして書いてみるとなんか本当に似てるな。
やはりこっちの代用品だったのかもしれない。

そしてあとは猶予期間
とはいえできるのは結社依頼と黙示録くらい
一応、世界結界が損傷を受けたことで覚醒した能力者に対処する依頼が教室に出たりもしていたけれど
いつものMS陣しか顔を並べておらず
消化試合の様相を呈している印象
そうでない依頼も偶にあるしそれなりには埋まっているのだけれど
黙示録に本腰を入れるなら幸運度が下がる依頼は不要
依頼に入るのは結社依頼か優先度がたまりきった時に本当に受けたい依頼が出た時ぐらいになるだろう。

しかし、改めて考えてみると自分のTW2での活動は最後の一年で激変したな……
まぁそれ以外の年月にも色々とありはしたし、懐かしいこともあるのだけれど。
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<難移動 | top | 祭後>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://touka333.blog41.fc2.com/tb.php/352-9d35b45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。