FC2ブログ

網上演技





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

変転 :: 2012/06/23(Sat)

TW2
リアイベ
生と死の境界線での戦いで『生と死を分かつもの』との戦いが行われた。
結果としては勝ったのだが
なんだか色々と突っ込みどころというか……

まぁ真面目に考えるのはやってる人いるだろうから
適当にネタになりそうなのをざーと書いておく。

伯爵
案外まとも
ま、元々見えざる狂気というのは特定の琴線に触れなければ一見普通に見えるのだけれども。

生と死を分かつもの
小細工無しで普通に死んだ
まぁ確かに書庫もそれっぽいことを言っていたが
よく考えたら弱点まで聞いていたのに倒せば死ぬかは誰も聞いていなかった
最初の依頼の時に倒せていれば……

異形
普通に倒せば死ぬ生と死を分かつものを倒したら
自我を失っていた。
あれだけ悩んだのはなんだったのか。
逆にいえば異形が焦っていた理由もこれだったのかと納得。

転移門
あれ?別に斬らなくても自我がないならもう
その意思で転移先を歪められることもないのでは
まぁ一時的に自我喪失していただけだったとかなのかもしれない。
しかしなんというか、サラリと来訪者が元の世界には戻れなくなったような。

ランドルフ
幻影とはいえ、急に悟りを得たかのように……実際何かを悟ったのだろうが
冷静になった
しかし、個人的には前のほうが好きであった
悩んで悩んで悩みぬいて、それでも選択をして行ってこそ人間だろうに。

そういえば、聖杯剣ランドルフの効果を聞くに
前のリアイベで逃亡していたら
伯爵を倒しに行くシナリオになっていたのだろう。
それはそれで燃える展開だが
そういうのは普通に休戦協定とかそういうのする前に選択肢が出ないと
情では動かないが義理では動く自分にはとても選べない。
実際、妖狐がいなければ既に死んでいた筈ではあるし。

生命賛歌解除
「こんな虚空の真ん中で、恥ずかしぃ……」
といってるが、虚空ってそんなに恥ずかしいところだっけか……
人ごみとかだったら分からなくもないのだが
何ともかんとも。

全体依頼
何故鬼の手で神の左手を取りに行かないんだと結社で話していたらこの仕打ち
まぁ確かにあの方が早いけれど
それが有るって分かってない時点でしなかったのは……
あるいは、ランドルフがリアイベ中に倒された場合はそっちが発動したのだろうか。

リベイション
戦争後は新ジョブの真化
相変わらず失敗もなく普通に実装された。
カースブレイドとストームブリンガーに関しては元々ルールブック通りだし
特に驚きもない感じである。
後者に関しては黙示録での移動アップが楽しみといえば楽しみではあるのだが。
ダイヤに関しても
こんなものかなという感じで、特にインパクトのあるものはなかった。
E気絶は使えるようでいて、結局バッドステータスは「超」でないとあまり信用できない。
そんな自分は今盾剣に凄く興味が
しかし、ネタ扱いされそうだし黙示録じゃ他の参加者に嫌がられそうだな……
気脈砕きと併用すれば石化後の敵をつつく事で
毎ターン超バッドステータス回復に失敗すれば200以上ダメージが行く上に凌駕不可だし
ガード武器で使えそうな唯一の物なのに。

確実にツイッターにここの更新は喰われている、そう感じつつある。
だがそれでもあえて更新は続ける。

パソコン
毎日必ず起動時かその直後に強制終了していたが
ここ2.3日、急にしなくなった
相変わらずなら明日初期化する予定だったのだが……

依頼
この期に及んで結構行くようになってきてしまった
まぁ理由はいくつかあるのだが。
しかし、この前の地下探索依頼、ひっそり滑り込ませたネタに
思わぬところで別の人のプレイングが反応していて
こうなるのかといい意味で一寸焦った。

しかし、そろそろレベルも112
110で終わりだろうと思っていた割には上ったけれど。
これ以上は流石によほど依頼を狂ったかのように受けないと無理な気がする。
依頼自体は受けるのは好きなのだけれど
果たして受けたい依頼が終わるまでにどれだけ出るか。
結社依頼もなんかこう、自分の持ちネタが決め手に欠けるような……
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<愉絵 | top | 境界>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://touka333.blog41.fc2.com/tb.php/347-9307aba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。