網上演技





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

境界 :: 2012/06/13(Wed)

TW2
試験中の筈なのに恐ろしいほどその話題を見ない。
皆大丈夫なのだろうか。
卒業生は教えることはできるものの
ども程度効果が合ったかも、自分の教えた効果が上書きされていないかも分からない上に
そもそも、相手が教えたことに気付かない可能性があるので少し寂しい。

TW3
巨獣調査の依頼で参加者全員が生死不明になっていた。
一人逃げているようだが、他はさまざま
プロフィールなどを見ていると明らかに死んでいないような人も居るけれど
本当はどうなのやら

よくよく考えると、無限などと違って死亡が確定する瞬間がないというのは
周囲にとっても弔うタイミングに欠けるという意味では残酷なシステムなのかもしれない
確かラッドシティにドンチャッカと先行していた面子の中にいまだに帰ってきていない人が居るようだが
普段、人が死んだという話は聞かないし、万一死んでもちょくちょく居る生死不明に紛れてしまいそう。

まぁ今までも明らかに死んでいる描写がされていても
生死不明止まりでひょっこり帰ってたりしているので
いまひとつ危機感が沸きにくいが
こういう依頼結果をみると、例え直接関わっていなくてもやはり自分が生きているなと実感できる
死なない生など死んでいるのと変わらない、とはよく言ったものだ。
そろそろ終わり、かつ新規で始めるゲームがあるということで
TW2でのキャラ作成のコンセプトというか何かについて書こうと思ったけれど
下手に書くと異常に冗長になりそうなので
今回はやめ。

とはいえ、こういうのは
自分で客観的に見てみると自分の趣味がよくわかって面白い。
しかし、そういうのを重視してやりすぎるといわゆるエターナルチャンピオンになってしまうので
そこには注意しておきたいところ。
他人がやってる分にはむしろ区別がつきやすくていいと思ったりはするけれど
折角別のゲームなら何か違うワンポイントぐらいは欲しい。

しかし、TW2では本性を出せるようになったのが
結局最後の少しの期間だったような気がして
なんとも勿体無い。
理由は、所属した結社が少し離れたら次々と潰れる程度に寂れていたり
比較的親しかった人も殆ど凍結したり、そもそも親しいといえるまで行かなかったりとか
そんなのもあるのだろうけれど
結局最後は自分の動きが消極的だったことに尽きそうだ。

次こそは飛ばしていきたいと思うものの
EBでもまともに動き出せたのは結構最近になって某旅団に入ってから
そして結局、最初の頃に入った旅団はことごとく過疎化している現状では
この手のゲームで最初の頃に活発だったとしても
結局は縁切れるという恐怖は当分続く予感がする。

……あれ?
ひょっとして最初から交流してたから過疎化するんじゃなくて
自分がいたら過疎化するのか……?

思えば、シルバーレインのサブキャラも
所属結社が次々に潰れるという恐ろしいほどのブレイクキャラ
プレイヤー自身が
そういう運だとすると恐ろしくてもう下手なところには所属できない。

そういや、TW4では結社作りたいけれど人数集めが困難だし
どうしたものか
活動したくない人に数あわせとかはあんまり好きではないし
そもそも多分方向性が違いすぎててTW2での知り合いは使えない。
無限の知り合いはTW3では偶に見かけるものの
TW2では殆ど動いてないからTW4にいる可能性は低そう。

ま、雑談以外に実際にどれだけの事ができるのかにもよるし
実装されるまではネタだけ抱えて埋もれていよう。
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<変転 | top | 過想>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://touka333.blog41.fc2.com/tb.php/346-71d73c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。