網上演技





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

準接 :: 2012/04/22(Sun)

TW2

方針
色々意見を募って今後の方針の選択肢を出した結果
妖狐と悪路軍に対しての方針を決める投票が行われている
が、
肝心のそれらの勢力と合同して当たるランドルフに対しての方針は
単に意見が公開されただけで決められていない。

他の勢力と合同するのは危機に対処するための手段とするならば
ランドルフへの態度を決めるのは目的の一つ。
目的の前に手段を定めるのはどうも違和感があるが
標的として態度を決めるにはまだ情報が無いと言うことなのだろうか。

即席巡礼士
各地でシルバーレインの影響で突然巡礼者になる子供が発生
戦闘になるような依頼もあるが
結局は情報収集と交渉……となるのだろうか
流石に巡礼士になったというだけで子供を殺すとも思えないし
見えざる狂気にやられているわけでもないから再教育コースいくのも微妙なような。
これらの依頼でで出てきた情報が揃ってからランドルフに対しての方針決定?

リベイション
そういえばこの前の東京オフで巡礼士との関係が修復されないと
新ジョブのリベイションは行われないというのを小耳に挟んだような気もしたけれど
気がしただけだったのかな。
もしそうならランドルフ対策の方針次第では
永遠にリベイションできない気もするのだが。
ま、元々今までも新ジョブが加入されてからリベイションが出来るるようになるまでの期間に
特に法則があったわけでもないし
突然出来るようになってもあまり意外ではないのではあるけれど。

異形
ルールーが再度戦力の補充を開始
また、それとは別にナンバードの処分が決定した
理由は銀誓館と戦いたくないからだとか。
放置して勝手に能力者を襲いだしても差しさわりがあるからと
積極的に排除しているようだが。
何故今になってそんな動きが出てきたのか、謎。
そもそも、此方がどんな被害を受けようが知ったことの無いはずなのに
わざわざ廃棄しようとするというのは
善悪の彼岸の時のようにランドルフという共通の敵を前に共闘を呼びかけてくるのだろうかと思っていたら

対妖狐方針投票のところに
「異形がこの時代から手を引く可能性が高い」
と書かれていたから、単にランドルフに関係なく休眠期にはいって
現在の能力者の記憶が忘れさられた頃になって出てくるつもりなのだろうか。
いやはや、何を基準に予想を立てればよいのかもよく分からない。

TW3
紫煙の樹
全体依頼は返却されたが特に動きはなし
ただまぁ、全ての中身のチェックはできていないので
何処かの依頼でこっそり何かあった場合はわからないのだけれども。

アクスヘイム
相変わらず海賊の依頼を中心に色々と出ているが
対処療法中心で此方からの動きは特になし。

レベル
今日検索したらカンストしている人は10人だった
自分は取りあえず月末にギリギリ届かない、予定。
温存していたギガンティアを二つ開放したせいか
上限が2上がった今月も普通に追いつけていた。
もう1キャラの方も相変わらず特に何もしてなくても順調にレベルは上がっているので
差が縮まっていくのが楽しみでは有る。
目の前に何かしなければいけないことがあると
余裕があっても他のしなければならないことがなかなか進められない性分なのだが

とりあえずしなければならないことの一つの
ネットの契約関係の手続きが終わった。
来月からは別の所に切り替わって
これでようやく携帯をスマートフォンに買い換えられる。
連休前に終わってよかった。

どうも、この手の契約関係は面倒で
何時も梃子摺ってしまう。
今回は色々と一本化したし、
以後は手続きが少し楽になると良いのだが……

取りあえず次はスマートフォンの契約か
買う物は一応決めてはいるのだけれど
スペックはともかく
メーカーが某タイマーの都市伝説があるところなのが不安といえば不安
周囲の評判はそんなに悪くはないのだが……
うーむ、でもまぁ
ワンセグ等のおまけ機能がついていてかつデュアルコアの製品と言うのはそもそも選択肢が無いし
最初に買い換えようとしてから既に一年
流石にもう良い頃合だろう。
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<未智 | top | 列挙>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://touka333.blog41.fc2.com/tb.php/328-272c90b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。