網上演技





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

愉絵 :: 2012/06/24(Sun)

昨日書ききれなかった事など。

TW3
全体依頼
海賊の拠点を襲撃する全体依頼出発
二人目のキャラの方でだが、この手の連携型の全体依頼には始めて参加した。
途中方針やら何やらで色々と突っ込みどころは有ったものの
最後は何とか一応全員の認識が一致していた……といいな。
個人的にはこの手のはやること自体は何処もそこまで変わらないので(選択肢によってはそうでもない所もある)
それぞれの班の「色」が大事だと思っていて
それは自分で提案したのを滑り込ませてもらっていたので
後はそれが機能している事を願うのみ。

しかし、これが終わったあと、急に酒場の依頼が埋まるようになってきた
気ままにマスカレイド狩りしつつレベル上てた感じの2キャラ目には一寸動きにくい状態
メインがひたすら倍率高い依頼を狙っている現状では実はあっちの方が動いていたのだが。
とりあえずメインの方は明日また宝探し依頼に放り込んでおこう
藍鳶MSの依頼もでてはいるものの、一寸だけ前のイベシナと関係しているし
縁がなかったものに関してはどんなに欲しいものでもザックリ切っていく行動指針。
……そうでないものに対しても結構駄目な感じだが。

闘技場
先週もフリーチームだったとはいえ、あまりに酷い戦績
ここまで来るとやはり何か自分に欠陥があるのではないかと思えてくる
黙示録に比べて戦術性は薄そうに見えるとはいえ
勝てるところはやはり勝っているのだからして
原因は何処かにあるはず。
自分は55アビにも期待できないので、今の構成で上手く立ち回るしかない……
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

変転 :: 2012/06/23(Sat)

TW2
リアイベ
生と死の境界線での戦いで『生と死を分かつもの』との戦いが行われた。
結果としては勝ったのだが
なんだか色々と突っ込みどころというか……

まぁ真面目に考えるのはやってる人いるだろうから
適当にネタになりそうなのをざーと書いておく。

伯爵
案外まとも
ま、元々見えざる狂気というのは特定の琴線に触れなければ一見普通に見えるのだけれども。

生と死を分かつもの
小細工無しで普通に死んだ
まぁ確かに書庫もそれっぽいことを言っていたが
よく考えたら弱点まで聞いていたのに倒せば死ぬかは誰も聞いていなかった
最初の依頼の時に倒せていれば……

異形
普通に倒せば死ぬ生と死を分かつものを倒したら
自我を失っていた。
あれだけ悩んだのはなんだったのか。
逆にいえば異形が焦っていた理由もこれだったのかと納得。

転移門
あれ?別に斬らなくても自我がないならもう
その意思で転移先を歪められることもないのでは
まぁ一時的に自我喪失していただけだったとかなのかもしれない。
しかしなんというか、サラリと来訪者が元の世界には戻れなくなったような。

ランドルフ
幻影とはいえ、急に悟りを得たかのように……実際何かを悟ったのだろうが
冷静になった
しかし、個人的には前のほうが好きであった
悩んで悩んで悩みぬいて、それでも選択をして行ってこそ人間だろうに。

そういえば、聖杯剣ランドルフの効果を聞くに
前のリアイベで逃亡していたら
伯爵を倒しに行くシナリオになっていたのだろう。
それはそれで燃える展開だが
そういうのは普通に休戦協定とかそういうのする前に選択肢が出ないと
情では動かないが義理では動く自分にはとても選べない。
実際、妖狐がいなければ既に死んでいた筈ではあるし。

生命賛歌解除
「こんな虚空の真ん中で、恥ずかしぃ……」
といってるが、虚空ってそんなに恥ずかしいところだっけか……
人ごみとかだったら分からなくもないのだが
何ともかんとも。

全体依頼
何故鬼の手で神の左手を取りに行かないんだと結社で話していたらこの仕打ち
まぁ確かにあの方が早いけれど
それが有るって分かってない時点でしなかったのは……
あるいは、ランドルフがリアイベ中に倒された場合はそっちが発動したのだろうか。

リベイション
戦争後は新ジョブの真化
相変わらず失敗もなく普通に実装された。
カースブレイドとストームブリンガーに関しては元々ルールブック通りだし
特に驚きもない感じである。
後者に関しては黙示録での移動アップが楽しみといえば楽しみではあるのだが。
ダイヤに関しても
こんなものかなという感じで、特にインパクトのあるものはなかった。
E気絶は使えるようでいて、結局バッドステータスは「超」でないとあまり信用できない。
そんな自分は今盾剣に凄く興味が
しかし、ネタ扱いされそうだし黙示録じゃ他の参加者に嫌がられそうだな……
気脈砕きと併用すれば石化後の敵をつつく事で
毎ターン超バッドステータス回復に失敗すれば200以上ダメージが行く上に凌駕不可だし
ガード武器で使えそうな唯一の物なのに。
続きを読む
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

境界 :: 2012/06/13(Wed)

TW2
試験中の筈なのに恐ろしいほどその話題を見ない。
皆大丈夫なのだろうか。
卒業生は教えることはできるものの
ども程度効果が合ったかも、自分の教えた効果が上書きされていないかも分からない上に
そもそも、相手が教えたことに気付かない可能性があるので少し寂しい。

TW3
巨獣調査の依頼で参加者全員が生死不明になっていた。
一人逃げているようだが、他はさまざま
プロフィールなどを見ていると明らかに死んでいないような人も居るけれど
本当はどうなのやら

よくよく考えると、無限などと違って死亡が確定する瞬間がないというのは
周囲にとっても弔うタイミングに欠けるという意味では残酷なシステムなのかもしれない
確かラッドシティにドンチャッカと先行していた面子の中にいまだに帰ってきていない人が居るようだが
普段、人が死んだという話は聞かないし、万一死んでもちょくちょく居る生死不明に紛れてしまいそう。

まぁ今までも明らかに死んでいる描写がされていても
生死不明止まりでひょっこり帰ってたりしているので
いまひとつ危機感が沸きにくいが
こういう依頼結果をみると、例え直接関わっていなくてもやはり自分が生きているなと実感できる
死なない生など死んでいるのと変わらない、とはよく言ったものだ。 続きを読む
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

過想 :: 2012/06/10(Sun)

TW2
鬼の手
詠唱銀集めは予想通りの桁違い
自分は今まで何となくで溜め込んでいた物を潰して6億分の9割を出しておいたが
多分出しても出さなくても変わらなかっただろう

とはいえ、長年の積もり積もった物を整理して捨てるにはこれ以上の場は無い
随分すっきりした。

戦想
そんなわけでリアイベだが
今回は過去の戦場が再現されるらしい

そこで、今までの戦いで自分の中で思い出深かった物を二つほど

葛城山殲滅戦
厳密にはリアイベではなくリアルタイムシナリオ
土蜘蛛の女王、国見を殺した戦い
敵対的勢力は徹底的に滅ぼすという姿勢のために
本来なら共存できた女王を殺してしまったことは以後も覚えていて
今でも偶に女王を銀誓館に編入させることが出来たんだろうかと思うことが。

聖杯戦争 第5ターン
今までのリアイベで唯一危ないと思った時……のはず
実は正直言ってあまり細かい事は覚えていないのだが
一度だけ、リアイベでこれはまずいんじゃないかと思ったことがあるのは確か
ここだと当たりをつけた理由は一つだけで
知人が死んでいるから。

いわゆる捨て駒が死ぬのはともかく
普通に活動して一緒に結社で活動したり依頼受けたりしてた人が死を選んでいたのを見ると
ああ、やはりどんな人だろうが縁が切れる時は切れるし、切れたら終わりだな、と
そう思った。

取りあえずこの二つが自分の中の過去の戦争ですぐ出てくるもの
何れも大きな傷ではないはずだが、心の奥底に引っかき傷のようなものとなって今でも残っている。
特に後者が。

そういえば、戦争といえばこれ以外にも一つ区切り的なものがあるのだが、
それはここでは秘密。
大した事ではないのに大げさな事でもあるし。

こういう風に書いているとプレイヤー的な発言がやりにくいので今日の残りは裏で。

ただし一応これだけ表
TW3
新アビリティ
55LV到達者が登場
新アビリティの習得が行われるが、イラストはまだラフ画のものもあったが。
星霊術士のシロクマはいい感じだった。 続きを読む
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

貯銀 :: 2012/06/06(Wed)

忙しいようでいて暇で
暇なようでいて時間は無い日々

TW2
人魔共存の勉強会
人魔と言うからには妖狐もなんだろうなとか
その他諸々色々考えるべき事はあったのだが
最初にある程度考えを決めて入ったせいで

これからの能力者の結婚式は
教会式や神前式、人前式を超えた魔前式で、万一別れたら嘘付いた罰で悪路王が斬首、とか
名付け親になってもらって悪路王ゴッドファーザー化計画、とか

仮プレ書いた後に思いつくのはどうしようもない事ばかりだった。
後者はある意味MS殺し、というか名前もらっても変更できるかどうかという意味では
運営に対する挑戦でもある。
当然書かなかったが
まぁきっと真面目に考えた人のネタが採用されるのだろう

鬼の手
使用する儀式に90億3873万9217詠唱銀が必要なのだとか
見た瞬間、一人で出せる人が居るんだろうかとそっちの方が気になったが
それはそれとして、今は何桁違う額が出てくるかにも興味が
流石に二桁程度だろうが三桁だと一寸凄い

旅行には行き放題となりそうだが
一応修学旅行となると、卒業生はどんな顔をしていけばいいのやら
しかし、これで行った旅行、後で一般人には証明できないから
結構凄い場所に行ったとしても
「○○に行ったっ!」と言っても一寸可哀想な目で見られそうではある。
うっかり新婚旅行を兼ねて行ってしまうと
周囲から妙に気を使われたり、とか。

リベイション
リベイションが出来なかったジョブの依頼が公開された
一応参加資格が有る物も有ったものの
優先度的にも内容的にも、自分が受けるようなものではなかったので自分のJC優先
重要な依頼とはいえ、失敗も死亡も今まで無かったし、そこまで惹かれなかった
ま、そういって油断して痛い目を見るのは自分なのだが、今回は受けてないから問題ない

依頼
今日は依頼が返却されてレベル上昇
しかし、成功はしたものの何もかもが無念な結果
別にMSが悪いわけではなく、自分的になんと言うかこう、今回は色々な意味で。

何時かリベンジを、と思いつつも
次は6/18(月)にJCするから、まともに依頼に参加できるのは28以降出発の依頼か……
今までならなんとも無い猶予だが、事ここに到っては結構きつい。

とはいえ、これ以上は耐えなければずっと半端者
依頼は……まぁイベントシナリオを見繕うかTW3に比重を移すしかないか。

能力値
JCしてレベルも上ったので試しにアクセをつけていたら
あっさり192/256/160
これはもう伸ばしようが無い
ここから急にレベル上げれば別なのだろうけれど
色々な意味で遠い。

TW3
アクエリオの遺跡依頼復活
これでようやく雌伏の時が……終わったといいたいが
また、優先度一位で落選の予感
しかし、ジャンルも傾向も何から何まで合致している愛染MSの依頼を予約しない事など
自分としてはあり得ない。

ま、駄目だったら自分を見つめなおしつつ日々を過ごすとしよう。 続きを読む
  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。